2017年08月06日

「クイックスタビライゼーション 複合編!!」

今日は「クイックスタビライゼーション 複合編!!」というテーマでお届けしたいと思います。


スタビライゼーション・・・


これは、フィットネスの世界では主に「静的体幹トレーニング」のことを指します(^^)


静的体幹トレーニング・・・つまり「じっとしたまま静止して行う体幹トレーニング」なんですが・・・


クイックスタビライゼーションとは、要するに「静的な体幹トレーニング」をしつつ、他の場所は色々と動かして、あえて体幹にその衝撃なり動きの刺激を与えてトレーニングしていこうというエクササイズです。


今日は、「いろいろ複合した」クイックスタビライゼーションのエクササイズ例をご紹介したいと思います。


いろいろ複合ってなんなの?と思われるかもですが・・・


要するに、体幹部分の「前」と「横」さらには「後ろ」に刺激をいろいろと変えていきながら行う方法です。


言うほどそんなに難しくないですので(^^)



まず、最もやりやすいものをご紹介したいと思います。


まず腕立て伏せのスタートの姿勢になります。


このままじっとしているだけでも、体幹正面部のスタビライゼーションエクササイズになるのですが・・・


ここからいろいろと動きます。


簡単です!!


腕立ての姿勢から、片手を離してそのまま「横」を向き、離した手は腰に当てましょう。


これで脇腹のエクササイズになりますよね(^^)


次は仰向けです。


はい、横に当てた手を素早く後ろに回して、床につき体を支えます。


この、横をむく、仰向けになるの動作全て、骨盤は床から離して、「体幹はまっすぐの状態」を保って行います。


仰向けになったら、また「横」そして、腕立てのスタートポジションに戻り、今度は反対のローテーションで回っていきます(^^)


身体の正面、横、後ろをローテーションしながら鍛えていきます(^^)


右向き回転、左向き回転それぞれやって1回として、10回回転してみましょう(^^)


さらにステップアップエクササイズですが・・・・


簡単?・・・だと思います(^^;


やることは簡単です!!!


腕立て伏せのスタート姿勢から・・・・


片足をあげましょう!!!!


IMG_2978.jpg


そして・・・片足を「あげたまま」横を向き、仰向けに寝て・・・


IMG_2979.jpg


さっきと違うのは「片足をあげたまま」行うので、反対の横にはなれない「浮かせている足が横向きになると着地する足になってしまう」ので元の方向にまた「横」向きとなり、腕立てのスタート姿勢に戻りましょう(^^)


腕立てのスタート姿勢に戻ったら、今度は反対の足をあげて、今と同じ手順で行なっていきます。


これやってみると分かりますが・・・・


この片足上げバージョンは結構きついかもです(^^;


このバリエーションエクササイズとしては、腕立ての姿勢ではなく、肘をついて、プランクの姿勢で、「肘をつく」バージョンでやっていただいてもOKです(^^)


IMG_2977.jpg


IMG_2980.jpg


さらには・・・・・


腕立てバージョンでやっていただいた後に、プランクバージョンを交互にやっていく・・・


さらに腕立てでの片足上げバージョンとプランクの片足上げバージョンをそれぞれ交互にやっていく・・・・


などしていただくと、体幹にいろいろな負荷がかかって、いろいろと鍛えられていきます(^^)



通常のスタビライゼーションエクササイズに物足りなくなってきたな・・・と思ったら、よろしければいろいろと体幹を固定しながら動く、クイックスタビライゼーションを試してみてはいかがでしょうか?(^^)



よろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!(^^)
posted by てっちゃん at 12:17| クイックスタビライゼーション